今更聞けない大人の常識!ご祝儀にまつわるマナー

水引きってなんのこと?

結婚式に招待されないとなかなかご祝儀を用意することないですよね。それに結婚式もさほど招待されることもないし、具体的に何がマナー違反なのかもわからないですよね。ただ、知らなかったからという理由ではすまされません。恥をかかないためにも基本的なことは押さえておきましょう!まずは、水引きという言葉知っていますか?結婚式は一生に一度が望ましいです。なのでご祝儀袋には結び直すことがないように、結婚は1度であるように、という思いが込められて金銀や紅白の水切りのものを使用しましょう。

ご祝儀袋と包む金額のバランスを合わせる

見た目が豪華だから、カワイイからと祝儀袋を選んではいませんか?ご祝儀袋には格があります。見た目が華やかなのに、中に入っている金額は3万円だった、ではバランスが悪いですよね。金額にあったご祝儀袋に入れるのがマナーです。包む金額とご祝儀袋のバランスが分からなかったら、お店でこのご祝儀袋はいくらが相場ですというものが書いてあるのでそれを参考にしてもいいですし、大体包む金額の1/100位の値段のご祝儀袋に入れれば問題ないですよ!

必ず新札をいれよう!

常識中の常識かもしれませんが、包むお金は必ず新札です。結婚式はお祝いごとですし、フォーマルな場です。新札を包むのが礼儀ですよね。新札は、銀行や郵便局などにいけば交換して貰えます。いつ結婚式が行われるのか事前に知らされているので、余裕をもって準備をしておきましょう。もし、万が一準備をするのを忘れてしまった場合はアイロンをかければきれいになりますし、式場によっては新札がある場合もあります、ピンチを乗り切ることは出来ますが気分的に心がもやもやしてしまいますよね。心にも余裕があるように何でも早めに準備しておきましょう!

かの有名な鎌倉の鶴岡八幡宮で結婚式を挙げることが出来ます。ブライダルフェアを行っているので、ぜひ足を運んでみると良いでしょう。