家族や身近な人だけの少人数で結婚式を行う

家族だけで披露宴を行う

家族だけで披露宴を行う時のポイントには、料理の美味しさと自然と会話が弾むようになる食事の提供です。少人数だと派手な演出がないので、食事内容で盛り上がれるようにします。新郎新婦と全員が会話が出来る演出や、会場スタッフのおもてなし力が高くなっている事です。窓から見える景色が、家族に喜ばれる美しい景色であるかも大切です。家族だけなので親の好みのものが演出できると、日頃の感謝の気持ちを一層伝えやすくなります。

身近な人だけの結婚式を行う

身近な人だけの結婚式を行うポイントは、人数が多くても30人くらいなので費用が安く抑えられる事です。両家の顔合わせの場所としても使えるので、アットホームな雰囲気で行えます。それぞれの感謝の気持ちを伝えたり、短時間で全員での記念写真を撮影出来るからです。人数が少ない分、きめ細かなおもてなしが出来ます。料理は好きな物を提供して苦手な物は省いたり、引き出物の場合は今まで欲しがっていたものがあればこの機会に渡す事も可能です。

あたたかな結婚式を行う

あたたかな結婚式を行うには、ゲスト参加型の結婚式があります。演出内容としては、リングリレーがあります。指輪を新郎新婦が交換する時に、指輪をリボンに通して参列者が新郎新婦まで運ぶのです。ゲストは新郎新婦に祝福の気持ちを込めて、リングを運びます。ブーストスは、ゲストに幸せをおすそ分けをするのにもってこいの演出です。フラワーシャワーを新郎新婦が退場する時の行う事で、全員が笑顔になった写真も撮ってもらえるので思い出にもなります。

最近では、大人数で行う挙式よりも、少人数での家族婚が人気です。結婚式の本来の意味を考えると当然の流れなのかもしれません。